台詞足らずで誤解されるフレーズを使う男子

そう言えば、何かうちの父兄から届いてた?といった帰宅してしばらくしてから思い起こしたようにわたしに尋ねたダディ。
わたしは、みっちりその日の夕暮れになんとかインフルエンザから回復して起き上がれるようになったので、アパートの一フロアにおける郵便受けを久しぶりに見に行けて、数日前に宅配便が届いていて宅配ボックスに入れっぱなしだったと知った場所でした。
はい、バレンタイン近隣だからチョコレートが届いてたみたいだけど、宅配ボックスに入れっぱなしで先ほど知った、という答えました。
すると、ダディには数日前に彼の夫人からそっちに宅配便届かなかった?というメルアドが来てたらしく、それに対して最近会話してないから知らないとレスしといたと言うのです。
それを聞いて、わたしはほんのり焦りました。
だって最近会話してないって、そういう呼称当社がトラブルもして冷戦地位的じゃないの、と思ったんです。
専ら私もダディもインフルエンザになってしまったらしく寝込んでいて、普通の話しをするどころじゃなかったというだけなのに。
きっと、今さら敢えて弁明するのも変だから良いやと思ったのですが、心からダディは経歴が足りなくて思い違いされても気にしないそれぞれだ。
男性にはこの人が多いのかもしれませんけどね。

シースリ― 新越谷