お茶の木の発育進度

2世代前述、静岡に出掛けたまま、自家製紅茶を飲んだ事があった。
その美味しさは、ティーコースで淹れた紅茶から上手く、輸入アイテム暖簾で売られている茶葉から淹れた紅茶から美味しかった。

どうして?として、スタッフに聞いたら、「奇抜ですから」と。
お店で売られている茶葉は、摘んでから、手早くとも数ヶ月経って要る。
も、そっちのお店は裏側の茶畑で摘んです茶葉を、その場で焙煎して、提供しているので、美味いのだと。

ん~ああ!と思ったあたいは、早速お茶の木を育て上げることに。
苗木から育て始めて2世代たち、最近3世代目線の春を迎えたけど、初摘みはまだまだ業者だ。
苗木からだといった早くても4世代はかかります。まだまだ通年業者ですね。。トホホ

毎日やる事は、2.3太陽に一時、水をあげ、半年に一括肥料を挙げるぐらい。
後世代に一括、最近用いる鉢によって、一回り大きい鉢に植え引替える点。
今の事枯れる軽々、そこそこ順調に育っているので、翌年の春が味わい。

本年あたいがやることは、4月~6月に茶農家でやっている、茶摘思い出に参加する言動。
茶摘自ボディー未経験なあたいなので、この機会に礎を学んでおこうという。
しかも、茶農家によっては、茶摘の後者、焙煎まで体験させてもらえる所もあるようなので、現在はネットでどこが良いかな~と探している最中です。

ただし、初手仕組紅茶が飲めるまで4世代。。長いですねw

シースリ― 春日部 予約